メールインタビュー:エリシオン・フィルハーモニー・オーケストラ

672

投稿フォームからお寄せ頂いた、各楽団のメールインタビューをご紹介。

今回は九州の楽団、エリシオン・フィルハーモニー・オーケストラです。

==========

――団体の立ち上げや、これまでの歩みについて教えて下さい。

2012年 創立記念演奏会(6月)、国境なきオーケストラ参加(9月)クリスマスコンサート(12月)
2013年 ゲームミュージックライブ@チャレンジャー:北九州出演(12月)、くまフェス2013(12月)
2014年 アイドルwithオーケストラ(2月)、GFF2014(3月)、SAGA MUSIC AVENUE(6月)
2015年 ACT~after Party~(4月)、くるめ音楽祭(9月)、ファミリー・コンサート(10月)
2016年 ゲーム・アニメ自由演奏会(9月)、明星和楽-新種-(11月)
2017年 Symphonic Pops 2017~ほとめきの音楽会~(3月)、福岡マラソン2017EXPOステージ(11月)
2018年 フレスポ鳥栖みんなのSHOW(3月)、ストリングフェスタSAGA(4月)、
2019年(予定) 創立記念演奏会SAGA(6月)、ゲームミュージックオーケストラライブ福岡(11月)

――楽団のアピールポイントはどんなところですか?

九州で初めてゲーム・アニメ・ポップスを演奏する団体として誕生しました。

明るく気さくな楽風で、18~30代を中心に約20名近くで活動しています。
基本アマチュアメンバーですが音大出身や楽器経験者も多くアンサンブルのレベルもあり、大体1・2回の合奏で形になり、いろいろな楽曲に取り組んでいます。

鳥栖市民文化会館・練習室にて月1・2回練習しており、いつでも見学者は募集中です!

――現在メンバーの募集もされていますが、どんな方が向いている・どんな方に参加してほしいなどはありますか?

当団はゲーム音楽を演奏しますが、演奏回数が年間10~20回もあり
一つのタイトルではなくたくさんの演奏をしたい方、仕事はあっても音楽も仕事レベルで取り組みたいくらい勢いがある方

県をまたぐので、一つの県にこだわらず色々な方面で演奏したい方には非常に向いています。

アンサンブルの編成が自由なので、楽器を毎日吹きたいという方には非常に好評な楽団です。

――当サイトをご覧の皆様へメッセージをお願いします。

九州でゲーム音楽を常設で演奏している楽団は数少なく、特に古巣の楽団ですが
演奏回数が多いのでどこかで演奏や名前は聞いたことがあるという方も多いと思います。

地域の楽団としても精進していきたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。

エリシオン・フィルハーモニー・オーケストラ一同