寄稿:フィガロオケ参加レポート

1370

去る2019年1月26日、FF6の楽曲を演奏する「フィガロ王立管弦楽団」の演奏会が開催され、大盛況のうちに幕を閉じた。

当サイトでは、このコンサートのイベントレポートやプレイヤーからの参加レポートを募集。その呼びかけに応じて下さった、ホルンプレイヤーの雪見さん(
@shiyumusica )のプレイヤーとしての参加レポートを掲載致します。


フィガロ王立管弦楽団(以下フィガロオケ)演奏会~オーケストラ de ブラボーフィガロ~にご来場くださった皆様、ありがとうございました!

私はフィガロ王国管弦楽師・ホルン担当の雪見と申します。好きな陛下はエドガー陛下です。

今回は本当に沢山の方にご来場いただき、またツイッター等で良かった!という感想を拝見しており非常に嬉しく思います。私自身もとても楽しめた演奏会でした。

そんなフィガロオケの演奏会を、僭越ながら私が奏者目線で振り返ったレポートを書かせていただきました!

フィガロオケは、ファイナルファンタジーVI(以下FF6)の楽曲を演奏するために結成された1回限りのアマチュアオーケストラです。昨年2月に奏者募集、7月より約半年間合奏等を重ねてまいりました。

ちなみに「楽団員は王国の管弦楽師」という設定は合奏中に指揮者のトモさんが発言したもの。我々は公務員です(?)

姉妹楽団にフィガロ王立吹奏楽団(以下フィガロ吹)があります。

最初に断りますが、本レポートでは演奏や演出について特に言及しておりません。

勿論色々語りたい部分はあるのですが、最終的な評価はご来場いただいた方々が感じたことが全てなのではないかと思うからです。

それに自分の演奏について語ると反省会か自画自賛になってしまうので差し控えます(笑)

ひとつだけ言わせていただくと、かなり良い演奏をお届けできたのではないかとは思っています。

今回の演奏会でまず言いたいのは、本当に、すごいボリュームでした(笑)

オルタナ系楽団の演奏会は比較的長い傾向にあります。私も長めの演奏会は何度か経験済みですが、休憩時間を含めて約4時間という規模は初めてでした。ゲーム内のBGM完全網羅ですからね、FF6生実況みたいなものです。

当然譜面もかなりの量になり、初めて譜面の束を見た時、そのあまりの分厚さに「私今回ヴァイオリンだっけ…?」と思いました。確認しましたがやはりホルンでした。

ちなみにオペラ、妖星乱舞、蘇る緑は単体で演奏時間が20分超の正に大曲です。

特に蘇る緑は合奏中、

指揮者「じゃあ最初から通します」

「「(どこからともなく)Oh…」」

という声が聞こえた、MP消費量アルテマ級のナンバーでした。

演奏会の時間については様々な議論があります。私は個人的に短い方が好きです(笑)

ただ今回、ツイッター等に投稿いただいた感想で時間が長かったとは言われていますが、あまり気にされていない方が多くむしろ「沢山楽しめて良かった」というご意見も見受けられました。

非常に悩ましい部分ではありますが、今回は”全曲を演奏する”という楽団側の意思が、ご来場くださった皆様に良い要素として伝わったのかなと思います。

奏者としても、例えば長丁場を乗り切るために吹き方を見直したり、リサイタルを乗り切るプロの練習法に習うなど、今までよりよく考えて練習ができたので、非常に学びの多い演奏会だったと感じています。多少レベルが上がってファイラぐらいは撃てるようになった気持ちでいます(個人の感想です)。


そして今回、オルタナ系楽団での一期一会を大切にしたいなと実感した出来事がありました。

本番数日前、ツイッターでとある方の演奏会に対する質問が流れてきました。

FF外でしたので一瞬躊躇しましたが、きっと答えた方がより楽しんでいただけるだろうと思い、回答をリプライしてみました。疑問は解決できたようでその場のやり取りは終了します。

本番当日、ありがたいことに知人の方々からプレゼントをいくつか戴いたのですが、その中に覚えのない差出人からの花束が入っていました。よくよく見ると、それは数日前ツイッターでご質問されていた方からだったのです。

メッセージカードに「ご親切にありがとうございました!」と書かれていましたが、本当にリプライしただけなので嬉しいやら申し訳ないやら…(笑)

そこでふと、こんな経験もフィガロオケがなければありえなかった、ひいてはFF6という作品が導いてくれたのだなぁと感じました。

仲間と出会う物語であるFF6を通じて、こうした素敵な出会いがあった、なんて考えると何これ運命…?と深読みせざるを得ないそんなオタクです。

この方だけでなく、演奏会にご来場くださった皆様、また今回集まった楽団員との出会いもFF6があったからこそ成しえたものです。

SFC版発売から約25年、改めてこの作品の朽ちない人気と、オルタナ系楽団ならではの一期一会の素晴らしさを実感しました。

こうして得た同志、いえ仲間を大事にしていきたいですね。



そしてそして、そんな名作FF6の楽曲を、今度は吹奏楽で楽しめる!

フィガロ吹の演奏会が4月13日(土)、たましんRISURUホールにて開催されます!

オケとはプログラムが異なるそうなので、当演奏会に来てくださった方も一味違った演奏会をお楽しみいただけます。

情報は楽団ツイッターアカウントより発信されますので要チェックです!

私も客席参加予定です。もう一度、皆様に会いに行けるのがとても楽しみです。

以上、フィガロオケより雪見でございました。 ブラボーフィガロ!